閉じる

WORK制作実績

https://www.caist.m.chiba-u.jp/

千葉大学 治療学人工知能(AI)研究センター 様

  • レスポンシブWEBデザイン
  • 多言語サイト
  • 大学・研究室

これまでAIには3度のブームがありました。
最初の2度は、理論面の不足やコンピューターの技術的処理能力不足、データ不足などにより、燃え上がることなく終焉を迎えました。
けれど2006年から現在に至るまで続く第3次ブームで、AIは大きな注目を浴びています。そのきっかけとなったのがビッグデータとディープラーニングです。
大量のデータからパターンやルールを人間が教えなくても学習できるという点でこれまでの計算システムとは一線を画し、現代社会のあらゆる分野でイノベーションを起こし続けています。

このイノベーションを医療分野でも起こせないか。
従来の伝統的な医学分野とAIを融合させることで、新学術領域である「AI治療学」を創生できないか。
何よりもAIの研究をいち早く医療の現場に応用して、新たな治療法を生み出すことに役立てたいという熱い想いのもと、本センターは千葉大学学長の徳久剛史先生と同学医学部長の中山俊憲先生によって2018年4月に設立されました。
その後、2019年1月に私がセンター長に就任し、現在に至ります。

お問い合わせ