閉じる

撮影、取材・ライティング

御社の良さを
120%引き出すビジュアル、
御社のサービスを
正しく伝える記事作成。

PHOTOGRAPH

01 ユーザの不安を下げ、
成果を引き出すのは「リアリティ」です。

私たちは、リアリティが最も説得力のある素材だと考え、その素材作りからサポートします。ユーザはインターネットという「仮想空間(バーチャル)」に置かれた御社ホームページと向き合います。しかしサイトをどこまで読み込んでもバーチャルの域を超えることはありません。(バーチャル = 不安)です。しかし内容・表現にリアリティが伴えば、その不安は低くなり、ユーザに正しい理解を得ることが出来ます。

02 イメージ写真ではなく、
本当の姿を見せることが重要です。

実際にサービスに取組む真剣な姿や、優しくお客様をサポートする様子や場所をユーザに積極的に見せることは、他社との差別化や御社の優位さを表現することに繋がります。また「電話先の方はどの様な方か。」「サポートはどのような体制で行われているのか。」などユーザの不安を払拭するためにも大切です。

03 わかりやすく端的に、
必要なことを伝える記事作成を行います。

ホームページを訪れるお客様は、何を知りたいのか。どのポイントを伝えたら、サービスや商品の購入につながるか。それらの情報を精査したうえで、プロのライターを起用し、取材から文章・記事作成をお手伝いいたします。

カメラマン紹介

舟田 佳代
KAYO FUNADA
https://yy-photo.com/

お客様に伝わる。×(かける) 働く人のモチベーションが上がる写真を!

サイトを訪れたお客様が一瞬で感じ取られる印象に写真の役割は大きいです。
そして撮影に行った先で、「こんな良いものがあったなんて知らなかった!!」と思うことがあります。
商品、人とサービスが求めている方に伝わり、思いが届く。
お互いに喜び合える橋渡しを写真でお手伝いしたいと思っています。

また、撮られるのが得意な人は少ないものです。和やかな雰囲気で自然な表情を引き出しますのでご安心ください。
会社の魅力を感じ取り写真に反映し、従業員様の働く姿にキラリと輝く表情、仕草、を捉えるのが得意なので求人にも強い写真と評価をいただいています。

bitさんはディレクター、デザイナーとの連携もバッチリですので、限られた時間の中でも必要な写真を沢山撮ることができます。

ライター紹介

鶴原 早恵子
SAEKO TSURUHARA
https://c-write.com/

企業の「伝えたい」と
顧客の「知りたい」のズレをなくす文章を

企業は「うちのサービスはすごい!」と伝えたい。だけど顧客は、サービスのすごさではなく「そのサービスは私の役に立つの?」が知りたい。このズレを調整し、企業の「伝えたい」と顧客の「知りたい」が一致する文章を書くことが、ライターの役目だと考えています。

取材・インタビューと聞くと緊張してしまう方もいらっしゃるかもしれません。そんな方でも安心してお話しいただけるよう、取材にあたっては、どんな意図でどんな話を伺いたいかを数日前にお伝えします。準備をして、当日落ち着いてお話を聞かせていただければ大丈夫。あとは、私がきちんと内容を整理してまとめます!

撮影、取材・ライティングのお客様

花ノ木医療福祉センター 様
https://kyoto-hananoki.jp/

取材に不慣れなスタッフからも、いい表情と言葉を引き出していただきました

サイト制作にあたって、当センターの施設やスタッフの写真、それから、採用情報ページに掲載するスタッフのインタビューを10人分行っていただきました。取材は1日がかりだったのですが、あらかじめ細かく当日のスケジュールを立てていただいたので、とてもスムーズに進んだと思っています。取材前にはいろいろ打ち合わせもあったのですが、このときもこちらの要望や変更などにも柔軟に対応していただいて、感謝しています。

うちのスタッフは、写真を撮られたりインタビューを受けたりするのには慣れていないのですが、カメラマンやライターの方にはリラックスできる雰囲気を作っていただいたと思っています。それぞれのいい表情や率直な言葉を引き出していただき、ありがとうございました。すごく楽しい、いい取材をしていただきました。

ご依頼いただいた仕様とサービス: レスポンシブWEBデザイン / 取材・ライティング / 撮影
久が原 高級角食三日月 村井 様
https://kakusyokumikazuki-murai.jp/

まったく同じ写真をすべて撮り直し!心づかいがありがたかった

サイトの写真、実は2回まったく同じものを撮っていただいてるんです。1回目は開業前なんですが、そのときはまだパン焼窯などのクセを私自身がちゃんとつかめきれていなくて、あまりきれいな焼き目でなかったんですね。それが残念で悔しくて、従業員たちと時々「今ならもっと美しくできるのにね」という話をしていたんですね。

で、それをbitさんとの打ち合わせのときにちらっと言ったんですよ。すると即「じゃあ撮り直しましょう」と。それでまったく同じアングルで同じ写真を撮り直していただいたんです。すごくありがたかったですね。おかげさまで、納得いく美しい写真をサイトに掲載することができました。

撮影は2回とも同じカメラマンさんが来られたのですが、この方がまたとてもいい人で。ずっと笑顔で、私たちとコミュニケーションを撮りながら、気持ちいい雰囲気で写真を撮っていただきました。2回めの撮影のときも、嫌な顔ひとつされずにね。サイトのトップページに使っているパンの写真は特に気に入って、駅などの広告にも使っています。腕も人柄もいい人に撮っていただき、感謝しています。

久が原 高級角食三日月 村井®
店主
村井 隆行 様

ご依頼いただいた仕様とサービス: レスポンシブWEBデザイン / 撮影 / コンサルティング

お問い合わせ